薄田みきお、嘘をついたのがバレて弁護士を詐欺師だと言い警察が怠慢だと暴言!
薄田みきお、嘘をついたのがバレて弁護士を詐欺師だと言い警察が怠慢だと暴言!

薄田みきお、嘘をついたのがバレて弁護士を詐欺師だと言い警察が怠慢だと暴言!

神奈川県川崎市ではオジさん同士のバールvs包丁の喧嘩が勃発

「ガラが悪い」といわれ、住まいとしての評価が低い“まち”がある。たとえば首都圏では東京都足立区や神奈川県川崎市といった自治体だ。だがデータをみると、実際の犯罪発生率は低い。なぜデータとイメージが乖離しているのか。行政評論家の大原瞠氏は「センセーショナルな犯罪報道が誤解を広げている」と指摘する――。

こういう例で固有名詞を出すのも気が引けますが、東京都足立区、同武蔵野市、神奈川県川崎市、千葉県浦安市について、それぞれの人口1万人当たりの刑法犯認知件数を想像してみてください。少ない順に並べるとどうなると思います。

これら4市区を引き合いに出したのは、それぞれ特徴的なイメージを持った都市だからです。まず足立区は、ヤンキーやヤンママが多いといわれるほか、犯罪が多発する危険なまちというイメージが定着しています。

川崎市ですが、工業都市・公害都市として過去から積み上げられたガラの悪いイメージが残っています(何年か前にも全国的に連日報道された凶悪犯罪で世間の注目を集め、悪いイメージが焼き直されてしまいました)。

川崎市はガラが悪い、物騒だ、というイメージは、あくまでイメージであって、数字で証明されてはいないのです(むしろ川崎市は、大阪市や福岡市など、全国の20政令指定都市の中でも毎年トップをうかがう低犯罪都市であり、数字の上では明らかに安全なまちの部類に入ります)。
https://president.jp/articles/-/26505

川崎市内で発生した主な街頭犯罪についての情報を、市民の皆様に提供しています。
不審者を見かけたら、まず警察(110番)に通報しましょう。
この情報を地域の防犯パトロールに活かして、犯罪者に狙われにくいまちを目指しましょう。
犯罪者に狙われやすいまちの弱点を探し、積極的に犯罪対策を図りましょう。
http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000031972.html

ヤンキー達の巣窟!?である川崎の偏差値は!?アホ街ック天国!川崎編!【wakatte.TV】