薄田みきお、嘘をついたのがバレて弁護士を詐欺師だと言い警察が怠慢だと暴言!
薄田みきお、嘘をついたのがバレて弁護士を詐欺師だと言い警察が怠慢だと暴言!

薄田みきお、嘘をついたのがバレて弁護士を詐欺師だと言い警察が怠慢だと暴言!

石川優実が売名生活!自称グラビアアイドルがKuToo運動でクレクレ乞食





ウーマンラッシュアワー・村本が炎上芸人として繰り返してきたパターンはそっくりそのまま♯KuToo運動にも引き継がれているのである。いや、石川優実氏のほうが意図的に(戦略的に?)村本の手法を模倣しているといったほうがいいかもしれない。

♯KuToo運動は、石川優実氏の妄想的なツイートからはじまった。なぜなら、女性従業員に本気でパンプスの着用を強要する企業なんて、ありはしなかったのである。何気ない会話の中で上司にあたる人間が「女性ってパンプスを履くとキレイに見えるよね」ぐらいのことは口にしたかもしれない。その言葉を石川氏はすぐさま脳内でセクハラとして変換し、ねじ曲げ、声高に噛みついたのである。

根拠のない一般論こそが♯KuToo運動を支える中核であり、唯一の生命線なのである。この弱点を誰よりも理解しているからこそ、石川氏本人だって、「パンプスを強要された」以外の具体例を一切提示していないではないか。

職場で女性だけがパンプス着用を指示されることについて、法規制などを求めて署名活動を始めた女優でライターの石川優実さん(32)に対し、ネット上でバッシングが起きている。石川さんだけでなく、ジェンダーに関連した問題を社会に訴える女性には陰湿な嫌がらせが集中することが多い。なぜなのか。